くびれとパイナップル

以前ご紹介させていただいたSofla Ukesのキューバン・マホガニーモデル。

http://quietvillage.jp/blog/10248/

 

素晴らしいウクレレとなって完成。
素晴らしかった。

 

ありがたいことに既に販売が完了しております。
本当にありがとうございます!

 

あまりにも素晴らしかったので、またこちらでも紹介させてください。

Sofla Ukes Soprano Long Vintage Cuban Mahogany #326

 

 

ボディのヴィンテージ・キューバンマホガニーは
19世紀のアンティークテーブルを解体した貴重なレクイエム材を使用しています。

 

 

着色の一切ない独特の赤みのあるブラウンカラーはヴィンテージ材ならではの美しさ。

 

 

 

指板とブリッジはブラジリアンローズウッド。材の持つパワーに圧倒されます。

 

 

 

くびれの強いヴィンテージスタイルのボディシェイプに、385mmのコンサートスケールを採用したソプラノロングネック。

このスケールにより弾きやすいのはもちろん、鳴りも非常に良かった。

このモデル、イイです。

 

 

 

パラカケースにも入れてみました。(笑)
ケースは販売中ですので是非!

 

 

材の持つ半端ないオーラ。
余計な装飾はいらない、とさえ思えてしまいます。

 

Sofla Ukes山崎氏ならではの素晴らしい一本でありました。
素晴らしいを楽器をありがとうございました!

 

 

 

そして早くも次作の準備が着々と進行中。

このハワイアンコアを使ったパイナップルモデル。
そう何を隠そう私はパイナップルが好きである。

ちょい長スケールの弾きやすいパイナップルに。
ミッキーも喜んでます。

 

 

って誰だチミは?!(笑)

 

 

山崎氏のブログによるとすでに箱になった模様。

ん〜楽しみです!
ちなみにちょっと変わったパイナップルになる予定。オホホ

 

どうぞお楽しみにっ!!!