メンテナンスのお供に

これからのシーズン、年末に向けて弦を交換する方も多いと思います。
夏の汚れも付着していると思いますので、弦を外した際にはボディ全体をしっかりとクロスで磨いてあげてください。
だんだんと乾燥してきましたので、弦を外したタイミングで指板にはオレンジオイルなどで保湿、
くすんだペグなどの金属パーツもピカピカに磨いて、などなど大事な楽器のメンテナンスも忘れずに。
そんな作業時にオススメのワークマットが入荷しました。

Music Nomad Work Mat

便利なメンテナンスグッズメーカーとしてお馴染み、Music Nomad。
過去にはこんな便利アイテムもご紹介しました。
Nomad Tool。弦の下のホコリ掃除も楽楽。
オンラインショップでも販売中です⇩
http://quietvillage.jp/item/903/#10141

今回のワークマット。サイズは91cm×43cmの大判サイズ。
写真のテナーウクレレもボディからネックまですっぽり。
ギターなどにもお使い頂けます。

滑り止めの凸凹素材。クッション性も十分です。

収納バンドもついてますので片付け時もスッキリ。

マット一つでメンテナンス作業も楽しくなりますよ〜
楽器いじってる感が増幅するはずです。(笑)

オンラインショップでも販売中です⇩
http://quietvillage.jp/item/4348/#10316

Santa Cruz Concert

アメリカ・カリフォルニア州に工房を構えるサンタクルーズ。
製作するアコースティックギターはエリック・クラプトン、ドック・ワトソン、トニー・ライスなど多くの名だたるプロミュージシャンも愛用するなど大変人気のブランドです。

少数ながらウクレレも製作しているのですが、今回大変希少な一本が入荷しました。

Santa Cruz Concert UK-2

ハワイアンコアボディのシンプルなコンサート。
シンプルが故、細部のこだわりが非常に引き立っております。

美しいハワイアンコアボディ。ボトム部で5.5cmの薄型ボディ採用し非常に抱えやすいです。

アシンメトリーのヘッドシェイプに燦然と輝くロゴマーク。

ブリッジの形状も流れるような美しいデザイン。個人的に、ブリッジの形状は作り手のセンスが非常に反映される箇所だと思います。

シリアルは064。

13Fジョイントによる軽快かつふくよかな音色が特徴。
シェイプも相まって非常にクラシックな飽きのこない美しさを持った一本です。

大変希少な一本となっておりますのでこの機会をどうぞお見逃しなく。

オンラインショップにも掲載中⇩
http://quietvillage.jp/item/4187/#50040

Santa Cruz Guitar Company
http://www.santacruzguitar.com

Nakanishi Concert

言わずと知れたウクレレ製作の巨匠・故 中西 清一氏。
日本が誇る製作家と言っても過言ではありません。

マーティンシェイプのウクレレは国内外にて高い評価を得、オータサンを始め多くのプレイヤーからの支持を集めています。
中古楽器市場にも流通は少なく、大変希少なウクレレとなっております。
「Nakanishi Concert」で検索すると、もれなく中西圭三さん(または保志さん)の情報も出てきます。
それぐらいレアです。

そんな中西ウクレレ。
今回希少なコンサートが入荷しましたのでご紹介致します。

Nakanishi Concert Custom Mahogany

2003年製。Martin Style-5を彷彿とさせるような美しい装飾が施されたコンサートモデル。

マホガニーボディ。トップ&バックにはアヴァロンのパーフリング。

ポジションマークはスノーフレーク&キャッツアイ。

ヘッドにはトーチインレイ。ヘッド周りのパーフリングはシェル柄セルパーフリング。

これぞStyle-5な感じですねぇ〜。高級感たっぷり。

コロコロとしたマホガニーの心地よい音色が響きます。
年代相応の使用感はありますが、全体的には状態も良くとても綺麗な部類に入るとおもいます。
是非店頭にてお試しくださいませ。

なかなかでてこない中西ウクレレ。
この機会をどうぞお見逃しなく。

オンラインショップにも掲載中でござる⇩
http://quietvillage.jp/item/4333/#50048