2/17(日)は

 

山内”ALANI”雄喜 Solo Live vol.3を開催のため、
通常営業はお休みになります。

 

代わりに第4日曜の2/24は通常営業致します。
皆様のご来店をお待ちしておりまする。

 

 

さて話は変わってトーンバーのご紹介。
先日カスタムオーダー頂いたモデルです。

Alani Tone Bar製作によるカスタムモデル。
今回は先端(14mm)・根元部(16mm)と太さを変え、テーパーをつけたシェイプのオーダー。
細いシェイプながら112gまで重さを稼ぐことができました。

 

オーダーいただきましたお客様、ありがとうございました。

 

Alani Tone Barではこのようなカスタム・トーンバーのオーダーが可能です。
当店でも仕様を承っておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

 

 

トーンバーといえばこのスティールギター。

CRAFT MUSICA Steel Guitar "Cub Lap 8 Special"

 

当店にて販売中です。是非お試しください!

そうだ2/17のLiveは山内さんにこのギターも演奏して頂こうそうしよう。
超絶楽しみっ!!!

 

上の写真に一緒に写っている"ソプラノウクレレ"Classic Standard"も入荷間近です。
気になっていた方、是非。

 

CRAFT MUSICA Steel Guitar "Cub Lap 8 Special"
http://quietvillage.jp/item/8775/#60072

CRAFT MUSICA Soprano Long "CLASSIC STANDARD" #387
http://quietvillage.jp/item/9252/

 

 

またまた話は変わってベルト。(急)

筆者が高校生の頃に購入したベルト。
恵比寿のカッコいいお店でドキドキしながら買った思い出のベルト。(笑)

 

20年以上愛用してきたのですが
遂にちぎれてしまいました。(どんだけ。笑)

 

自分のウエストの変化は揺るぎない事実ですが、
ベルトの革が時代と共に劣化してしまったということにしておきましょうそうしましょう。

 

革のトーンバーケースも作っているAlani Tone Barさんに相談したところ、
快く引き受けていただきました。

 

バックルはそのままに、新たな革でベルトが復活!
素晴らしい出来に感激です。

 

 

 

直して、ずっと使う。

 

 

驚くほど安いものが手に入る時代ですが、
だからこそ、手入れをしながらずっと使えるものを選びたい。
そういうのが楽しいし、幸せなんじゃないかなと思う今日この頃。

 

楽器も同じ。
大事に弾いてきたからこそ、ずっと使い続けて欲しい。
修理や調整が必要になる時もあると思いますが、
その都度愛着は増していくはずです。

 

長く使えるものを選んで頂きたいし、
そういう楽器をご案内していきたいと改めて思ったのでした。

 

Alani Tone Barさん、ありがとうございました!!

頼んでませんがロゴ入ってました。やられた!(笑)